HOME>注目記事>機械や設備を安全に制御するときに役立つ技術
電気修理

自動と手動の違いとは何か

自動制御は機械や設備を運用するときに、自動的に制御をする技術ですが、自動と手動で大きな違いがあります。機械や設備を安全に運用するには制御をする必要がありますが、そのときに制御をする方法として自動と手動があり、手動制御の場合は人が操作や調整をおこなうことを意味しています。一方で自動制御はシステム自体を自動でおこなうことになり、人が介在しない状態でも正常な制御を可能にしているのが特徴的です。エアコンにも自動制御の技術が利用されており、設定された温度になるように自動制御が作動をすることで、快適な室温を維持することができます。身近な存在として自動制御は重要な役割を担っていますから、精密な機械を作るときには欠かせない存在です。

制御方法に違いがある

自動制御には制御方法に違いがあり、どのような制御方法を選ぶのかで製品に違いが生まれます。目的の量に近づけていくような制御方法をフィードバック制御といいますが、これは昔から親しまれている自動制御になるので、エアコンなどに活用すると便利です。フィードバック制御に予測のシステムを加えたのがフィードフォワード制御になりますが、此方は予測をおこなうことでフィードバック制御よりも質の高い自動制御を実現できる魅力があります。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中